STAPA(オンデーズ)

STAPAはゲームのように楽しく社内仮想通貨マイルを貯めることができ、景品交換やスタッフ同士で贈り合うことができるサービスです。

STAPAの特徴

アイデア投稿でマイルが貯まる

STAPAには会社への意見や新しい社内制度の発案、新商品やサービス改善提案を気軽に投稿できるアイデアポストという機能があります。

投稿内容は全社に公開され、他のスタッフはGOOD!ボタンで応援することができます。アイデアポストは業務改善やサービス向上を自分のこととして考えるきっかけになります。

スタッフ間でマイルを贈り合いコミュニケーション活性化

スタッフの良い行動や仕事上の成果に対して、スタッフ同士でマイルを贈ったり受け取ったりすることができます。マイルを贈る手順は簡単で、相手を選んで贈るマイル数を決定し送信するだけです。

他部署や他拠点など普段接点のないスタッフとコミュニケーションをとることで組織内を活性化させることができます。

マイルは様々な商品と交換可能

貯まったマイルはSTAPA内のストアで様々な商品と交換することができます。商品のラインナップも会社ごとに自由に設定できるので、他にないオリジナルの商品をスタッフに提供することができます。

ガチャを引いて高額マイルを入手する設定も可能で、スタッフが楽しくモチベーションを上げられるような仕掛けをすることもできます。

STAPAの導入費用

  • 初期費用:550,000円
  • 基本利用料:308,000円
  • 1,000ユーザー未満:要問合せ
  • 1,001ユーザー以上:770円/1ユーザー

STAPAの導入事例

離職率の減少を実現できた

入社間もない社員に対しても、コインのやり取りを通じ不安や疎外感を感じずに済むような仕組みとすることで早期の離職を防ぐことができた。店舗間でのコミュニケーションも広がり、配置転換もスムーズに行えるようになった。サンクスギフトを表彰や人事評価に組み込むことでエンゲージメントを高めるのにも役立った。

オリジナルコインの作成で企業理念の浸透を図る

企業理念や行動規範を落とし込んだオリジナルコインを作成し社員全員で理念を共有している。社内間でのカジュアルなコインのやりとりなど風通しの良い職場であることをアピールできるので良い人材の確保にも繋がっている。福利厚生の一つである従業員割引にサンクスギフトの提示を取り入れ従業員満足度を高めている。

コインの贈り合いで経営理念の浸透を目指す

経営理念の一つであるありがとうの気持ちを社員全員が共有するためにサンクスギフトを導入した。日々の業務で同僚への感謝や、自分がありがとうと言われるための行動をするなど企業理念を業務に落とし込むことができた。サンクスギフト上の掲示板で社内イベントの告知や社員の気づきの事例などを共有し業務の向上に役立てている。

STAPAのシステム

サポート体制

STAPAではシステムを導入する企業の業種やチームの規模、利用環境など様々なニーズに合わせて最大限にパフォーマンスを発揮できるよう、効率的な運用方法について相談が可能です。

また、マイレージストアで交換できる商品は、企業ごとのリクエストを反映できるように、あらかじめ決められたラインアップが設けられていません。家電や雑貨のようなグッズ系から、エステやダイビングといった体験系、さらに企業独自のテーマに合わせたイベントの参加権まで、ストア商品をユーザー側で自由に設定できることが特徴です。

付随機能

チェックイン

指定の店舗や関連施設を「チェックインスポット」としてあらかじめ登録しておき、ユーザーがそれらを訪れた際に「チェックイン」することができます。また、チェックインすると基本の拠点となる所属スポットから、距離に応じてマイルを獲得することができるため、お出かけや旅行・出張のついでにマイルを獲得していけることがポイントです。

STAPAガチャ

1日に1回、1ヶ月に20回まで、マイルが当たる「ガチャ」を引くことができます。運が良ければ高額マイルの獲得も狙えるので、ゲーム感覚で楽しくマイルを貯めていけることが特徴です。

ガチャの設定は管理者側で月ごとに設定できるので、お正月や夏季など、期間限定で高確率な設定にすることもできます。

ユーザー管理とお知らせ送信

管理者権限にもとづいて、企業アカウント内のユーザーの追加や削除が行えます。また、全ユーザー宛や個別ユーザー宛に、お知らせを配信できるため、情報管理ツールとして活用できることも魅力です。

管理者はユーザー管理やストア内の商品管理など、それぞれの機能に合わせて内容を管理したり、発行済みのマイルについてレポートを確認したりできるため、ユーザーの活動や交流の状況を把握することもできます。

メッセージ交換

STAPAでは、企業アカウント内で登録されているスタッフ同士で、マイルだけでなくメッセージを送り合うことが可能です。メッセージは基本フォームへ入力して送信するだけで送れるため、他部署や遠方拠点間でコミュニケーションを活性化させるうえで役立ちます。

チャットツールとの連携

STAPAで連携できるチャットツールについて、公式HP上では情報が紹介されていませんでした。ただし、STAPAそのものがメッセージを送れるため、ビジネスチャットとして応用することもできるようです。

なお、既存の社内環境や設備に応じたSTAPAの運用法を相談することもできるため、チャットツールと組み合わせた活用法など、より詳しい情報は運営会社である株式会社「オンデーズ」へお問い合わせください。

STAPAの運営会社情報

  • 株式会社オンデーズ
  • 東京都品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲 27F
  • 1989年3月
1か月あたりの料金で比較!無料でトライアル導入可能な
ピアボーナス3選

RECOG

経営理念・行動指針の浸透に
トライアル
期間
30
1か月あたりの
料金
30,000/50名

カンパニーマイル

社員の声を汲んだ開発が可能
トライアル
期間
無期限
1か月あたりの
料金
完全無料

Talknote

社員のタスク管理も一元化
トライアル
期間
14
1か月あたりの
料金
要問い合わせ

2021年1月現在、全14サービスあるピアボーナスの中から、無料のトライアル期間があるツールをピックアップ。3つのピアボーナスをトライアル期間の長さと、導入した場合の1か月あたりの料金(50名の場合)で比較しています。